THE PROCESS

THE PEOPLE BEHIND THE WHISKY

The Master Distiller


マスター・ディスティラー

アラン・ウィンチェスターは2009年にザ・グレンリベットのマスター・ディスティラーに任命されました。
彼は20か所の蒸留所で、常にその知識と情熱を注ぎながら、マッシュマン、スティルマン(蒸留装置操作係)として技術の継承を見事にマスターし現在の地位に達しました。

アランの行動はシングルモルトの世界以外にも及んでおり、スコットランドの高さ900m以上の283もの山々をすべて踏破しているのです。

マスター・ディスティラーとして、アランはザ・グレンリベットの究極の管理責任者と言っていいでしょう。
彼の任務は、ジョージ・スミスが約200年前に誕生させた伝統を途切れることなく確実に伝承することです。
つまり、このウイスキーが常に最高の品質で、新しい製品がすべてザ・グレンリベットの特性と深みを反映するものとなることです。途方もなく大きな責任を、彼は大きなプライドで果たしてくれることでしょう。

Team Spirit

世界でわずか10人だけが、ザ・グレンリベットを製造するために必要な経験と専門知識を有しています。マネージャーのトレーバー・バックレーに率いられた蒸溜所チームのうち数人がザ・グレンリべットで30年以上働いており、繰り返し作られる、最も信頼のおけるスペイサイドの飲み物のために、情熱を持ち、細部への確固たる気配りをしながら作業しています。

1903年に撮影されたこの写真が示すように、現在とそれほど変わりはありません。世紀の変わり目と同じように、今も団結力の強いチームが一致協力して、ジョージ・スミスの伝統に恥じないウイスキーを製造しています。